FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

秋の鰯の天ぷら

iwashi

昨日たまたま、両親に用があって電話をかけたところ、彼らはまた釣りの最中であった。
まったく、月に何度釣りに行っているのだろう。午前3時から出かけるという彼らは、まさに釣り人というより漁師である。

だが、いまのキャプテン&わたしにとって、この状況は決して悪くはない。
なぜなら、釣られたアジや鰯は調理されて、「あんたらも食べる?」という形になることが容易に予想できるからだ。

そんでわたしはしばらく経ってから、すかさず母にメールを送った、「釣果はどうですか?(~以下用件~)」。
すると、わたしの目論見どおり、母は「アジが少しと鰯がいっぱい釣れたので、あとで南蛮漬けと天ぷらを持っていってあげます」と返事をくれた。
キャプテンは、わーーい…と素直に喜ぶ。
キャプテンは幼い頃、両親が離婚して父親に育てられたせいか、なんだかうちの母にお義母さんお義母さん…となつく傾向がある。

さて、待望の南蛮漬けと天ぷらが届けられて、わたしたちはしめたと喜ぶ。
「どのくらい釣れたんですか?」というキャプテンの問いに、母は照れながら「えっと、鰯が200か300かな…」と言った。
200、300匹!!釣りすぎだろう。
キャプテンとわたしはぎゃははと笑ったが、母はきょとんとしていた。
わたしは、母のまえで、こんなに笑う人間じゃないのだ。
そのうち、キャプテンと一緒のときのわたしと両親と一緒のときにみせるそれが、まったく異なることを知ることになるだろう。

ともかく、母が帰ったのちに、わたしたちは早速夕食タイムとしたのだが、タッパをぱかんと開けてみると、200匹だか300匹釣れたはずの鰯の、その天ぷらがたった4匹しか入っていなかった。あとは野菜である。

その事実にもキャプテンとわたしは大笑いし、「なんでこんなに少ないん?!」と母の謎の裁量に涙した。
でもキャプテンは、またもや美味しい美味しいと言ってそれを食べ、わたしたちは充分満足したのだった。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

該当の記事は見つかりませんでした。