FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

バイト復活への道

futaba3

なにかと物入りなうえ、キャプテンの復職がどうやら予定より長引きそうなので、お金を貯めこむのが好きなわたしは、つい「バイト復活させるか…」と考えついた。

さっそく、まえにやっていた市民の健康診断のお手伝いについて尋ねてみる。
すると、いまのところわたしの欠員は埋められていて、またよろしくお願いします…とのことであった。
このあたりは想定内である。なにしろ、今年2月の緊急入院から8ヶ月も経つのである。代わりの人がいないはずがない。

でも、種は撒いておいた。あとは、芽が出るのを待つばかりである。
わたしは、家計簿をひらき、ギリギリの家計の数字を思う存分楽しんだ。
ギリギリにはギリギリの面白さがあるのである。ギリギリのところをいかに節約して貯金するかが、わたしにとってはゲーム感覚なのだった。

眉間にしわを寄せ(←マンガを読むときでもこうなるらしい)、開いた家計簿と通帳をかわるがわる睨んでじっと考え込むわたし。
横で見ていたキャプテンはどう思っただろう。
ああ、ここにバイト料が入ったら。
もっと幸せな気分になれそうな気がする。
しかしこんなときの落とし穴は、自分の体調は大丈夫なのか?という視点がすっぽり抜け落ちていることだった。

母に電話して相談してみる。
彼女の答えは、「べつにいま食べるのに困ってるんじゃなければ、焦る必要はないんじゃないの?…」というものだった。
ぬぅ。そういうものか。
鬱病を発症した当時からわたしを見ている母は、わたし自身よりわたしの体調に詳しい。

ちょっとばかし気勢をそがれたわたしは、いつもどおり、ピンクのかーいいお買い物袋を提げて、一切れ100円の冷凍カラスガレイを買ってきた。
ちなみに昨日は、一匹68円のさんまであった。
幸いなことに、キャプテンがグルメではないので、なんでも美味しい美味しいと言って食べてくれる。

それにしてもナンダ?
赤福餅といいい、ニセ比内鶏といい、あれだって美味しい美味しいと言って食べている人がいたに違いないのだ。
いまの食品って、高ければ高いほどいいってもんとは限らない。
貧乏性なわたしにとっては、ブランドなんかくそくらえーである。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

該当の記事は見つかりませんでした。