FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

バイト休む。

hashi

朝7時まえに起きた。
そして、顔を洗って服を着替え、化粧をして食事をするところまではした。

だが、そこから足が動かないのである。
だいたい、きのう一生懸命つくったぶり大根を、なぜこんな早朝に味もそこそこにむさぼらなければならないのか。
それは、きのうしんどくて一日中寝ていて、昼3時を最後に夕食をとらなかったからである。

「これは、明日の夕食に食べるわ…」
きのうの晩、わたしはぶり大根をまえに、同居人=婚約者キャプテンに力なく告げた。
こうして、わたしたちは二人べつべつの夕食を、3日間とり続けることになった。
キャプテンの仕事が始まればそういうことも起こりうるが、いまはそのときじゃない。
療養期間中は二人でのんびり、羽根を休める手はずだったのだ。

言っておかなければならない、一応キャプテンはぶり大根をつくるまえに、寝ているわたしに「今日の夕食は、俺どっかで食べてこようか?」と尋ねてきた。
だが、わたしはNOと言った。なぜなら、せっかく安く買った賞味期限ギリギリのぶりを、どうしても使いたかったからである。
大根はキャプテンが切ってくれた。しかしいまにして思えば、無理をするのではなかった。
ぶりがなんだというのだ。おかげで今日、こうしてヨタヨタとバイトに行けない自分がいるではないか。

バイト先に休みの連絡を入れるまえに、なぜか母に電話した。
「仕事しながら、Fさん(キャプテン)の世話を全部していたの?まあ…、ごはんくらいはつくってもらってるのかと思ってたわ」
「でも、あっち(キャプテン)もアトピーがひどくて、いまは動かれへんねん」
「そんなん、全部してたら身体が無理やわ…、ふつうの人でもしんどいのに」

そのとき、わたしは、ああそうか、やり過ぎだったんだなと感じた。
夕食は、アトピーのキャプテンのために、ほとんど手を抜くことをしなかった。
わたしは、ぼけ~っとTVを観ているキャプテンの後ろで、バタバタと帰ってくるなり夕食をつくっている自分の献身にも疲れたのかも知れない。
わたしももう、しんどい。疲れた。休みたい。
母に連絡したのは、そのことを確認したかったからかも知れない。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

該当の記事は見つかりませんでした。