FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

ズレ

knife2

今回、わたしが体調を崩したことで、母はかなり心配したことだろう。
「仕事も家事も全部は無理やわ」とわたしに指南していた一方で、母は同居人=婚約者キャプテンとも話をしていた。
キャプテンがメールをしたところ、向こうから電話をくださいと言ってきたらしい。

「僕のアトピーのことで、《ゆみはちゃんとごはんをつくってるのか》って訊いてきたから、《もちろんです!よくやってくれてます》って言っておいたよ」
キャプテンはわたしの役に立ったと嬉しそうだった。
しかし、わたしはべつの見方をしていた。

「敵(母)は、キャプテンのアトピーを気にしてというより、わたしが家事で無理しているんじゃないかと心配して、それを訊いてきたんじゃないのか…?」

実際、母は数日前電話したとき、「Fさん(キャプテン)はごはんくらいつくってくれてるのかと思ってたわ」と言った人である。
わたしは、キャプテンが母になついているほどには、母はキャプテンに甘い顔をしていないように感じている。
そのことを思うと、ちょっと胸が痛むのだが、これも時間が解決してくれるに違いない。
だが、ごはんについては、わたしも少し注文をつけたいところがあるのである。

今日の夕方は、二人で車で買い物に出かけた。
わたしは朝6時からなにも食べていなかったので、とりあえず巻き寿司でも食べることにしたのだが、もうほとんど夕食時間に近かったので、今日はキャプテンも一緒に巻き寿司を食べてくれないかなあという思いがあった。
しかし、その思いは「僕は夕食まで我慢するよ、どうせなら美味しくごはん食べたいから」という言葉にはばまれた。
それはそうだろうが…、もしそうすれば、わたしは巻き寿司を食べたあとで、一息つく間もなく台所に立たなければならない段取りになるではないか。
「どうせ、冷凍餃子だよ?」と言ってみたが、「ええねん、ゆみちゃんがつくるものなら何でも美味しいから」と持ち上げられてしまった。
わたしは少しため息をついた。あかん、ズレている。…

なにかしんどくなってしまい、今日は餃子と白菜シーチキンとほうれん草のおひたしにする予定だったが、ほうれん草はパスにした。
キャプテンもこの頃には「僕も巻き寿司にすればよかったなあ」と言っていたが、遅いしどうやら本心ではないのである。
わたしは、今度からはもっと図々しく「今日は○○を食べてくれない?」と言おうかと思っている。
こうした、ちょっとした気持ちのズレが、のちのひび割れにならないために。

  
人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ

(クリックして下さると励みになります。↑)

該当の記事は見つかりませんでした。