FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

キャプテンとお別れ

20080401132844
辛いけれど、同居人キャプテンから別れを告げられた。
事は複雑だが、要するに一昨日の診察日に、母を巻き込んでの論争になったのだ。

母はつい先日まで、「マンションにキャプテンを一人で住まわせるわけにはいかない」と言っていたくせに、「わたし、そんなこと言わないわよ」と、のうのうと嘘をつくので、わたしは逆上した。
横で見ていたキャプテンはあきらめ顔だ。やつはバカじゃない。親子二人で言い合っていたことなんか、すぐわかっただろう。

その後、キャプテンは次に住むところが見つかるまで、荷物だけ置かせてと、前日、母がこうしたらいいとわたしに提案したフレーズそのものを言った。
病院の待合室で、わたしを除いた二人が話し合っていたが、そこで取り交わされた会話の一部だろう。母親め!

結局、事は母親の思い通りになったのだ。
なんだか気に入らない居候を巧みに操り、婚約を解消させた。
たとえ二人であっても、そういう結果は出たかも知れないが、やはり破談にしたのは母なのだ。

キャプテンが昼食に出ていくと、わたしはケラ笑いで泣きながら、病院の壁を叩いて出ていった。
それを連れ戻され、再度診察を受けて、本来わたしのような病気の人間は入らない病棟の個室におさまったのである。

ここでは、人間同士の会話が成立しない。
患者もほとんどが、高齢者ばかりだ。

キャプテンという同居人が入院しているだけで、わたしは療養病棟に入れなくなってしまった。

なんでこんなことになったのか、考えると悲しくなってくる。

人気ブログランキングへ。
(↑クリックして下さると励みになります。)

該当の記事は見つかりませんでした。