FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
-

イカの値上げとバターの品切れと

ika2butter

最近、一汁三菜みたいな、まともな食事はとっていない。
ありあわせでビールをきゅ~っとか、買ってきた幕の内弁当でビールをきゅ~っとかである。

ところで、その「ビールできゅ~っ」とやるのに、最適な缶詰がわたしにはあった。
それは、○ッスイの、《真いか味付け》である。
この缶詰は、うちの近所のスーパーではだいたい100円で売っていて、食べ応えもあり、なによりビール(第三種)がとことん旨くなるいい肴であった。

ところが今日、両親に誘われて、重い腰を上げて買い物に出かけたときのことである。
(ああ、そうだ。真いか味付け、なくなってたんだっけ)
と思って缶詰コーナーに行くと、なんといつも100円のソレが、228円!になっていたのである。

「げっ!」
とわたしは真いかに手を出せず、ただ値段表を見て立ち尽くすのみであった。
そうか…イカ漁が出来なくなると、こんなにも値段が上がるのか。
ということは、あらゆる漁船が「漁が出来ない」と言い始めたとき、日本の魚の値段は、どのくらい上がってしまうのだろうか。

同じことを両親も考えていたようで、
「そのうち魚が食べられなくなるから、缶詰いっぱい買っといた。えへ」
と大安売りの戦果を見せるのであった。
魚?…うちは、釣りキチ両親だから、毎年自給自足な気がするけれど…。
それはともかく、いまの食糧事情は大変になことになってきているのだなと、肌で感じた一瞬だった。

ちなみに、バターがなくなっているという噂を確認するために、バターの棚へ行ったら、バターどころかマーガリンの棚までガラガラになっていた。
もう一軒寄ったスーパーでは、マーガリンは揃っていたが、バターの棚は、ガラガラじゃなくて、すでに棚自体なかった。
「バターの品切れにつき、ご了承を…」みたいな紙が、わずかにぺろんと下がっているだけである。
もう、スーパーは、バターを売ることをあきらめているようである。

バターについてはヨーロッパから輸入を増やすらしいが、ほとんどが業務用とかで、一般家庭にどのくらい届くのか謎である。
低収入のなかでの、インフレ…恐ろしいことである。
わたしはいま、料理をしないのでバターは要らないが、真いかの缶詰でビールをきゅ~っとやることも贅沢の一つになるなんて、悲しい限りである。


該当の記事は見つかりませんでした。