FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
8

Kくんの酒癖

sake7

Kくんが覚悟を決めて、仲良しの人々にわたしのことを告知し始めた。
K´さん(60歳↑♂)が、今度はあんこう鍋をつくってくれて、Kくんがまたしても途中で眠ってしまったときに、わたしにいろいろと話してくれた。

「こいつはええやつや。ただ、酒に飲まれるのがな…。でも、落ち着いて子どもでも出来たら、案外そういうの、ころっと直りそうな気もするねん」
「ええ、でもね。子ども育てるのってお金が要るでしょ。わたしもこの身体だし、もし出来てあかん、育てられへんってなったらどうします? どうしようもないですよ」
「酒飲みに行けへんかったら、なんとかなるて」
「いや、ならんと思いますよ。だって、ここ10数年間、飲み歩きの生活でしょ。そういうの、たぶん直らんと思うんです」
「…そうかなあ。人生、やってみなわからんで」
「やってみて、あかんかったではすまないですからね、子どものことは。わたしは、この人が自分の遺伝子を残したい言うて、若い子に走ったとしたら、それは仕方ないってあきらめますよ」
「ほな、老いて大事にしてもらうかー。つくろう思うてもつくれんこともあるしな、そうなったら男はそれでええって思うもんやねん」

K´さんはK´さんの年齢層の人々の平均的な考え方――女と男は結婚して子どもをつくるべきだ――をしている人だが、決して頑固ではなく、あらゆることで、ほんとうに普通の考え方をするマトモな人なのだった。
それに比べたら、Kくんのまー、落ち着かなくてデタラメなこと…。
ずいぶんな差である。

その後、バイト先のカラオケパブにて。
ママ「…Kくんがこのまえ、カウンターで話してるの聞いて笑ろたわ」
スタッフ一同「?」
ママ「聞き耳立ててたらな、Kくん、『俺がゆみちゃんを支える!』って○○さんに言うてるねん」
わたし「(笑)」
ママ「よー言うわよねぇ、ゆみちゃん。支えてるのは、いっつもゆみちゃんの方やん!」
わたし「そうですよねー。このまえ飲んで帰るときも、支えて行きましたしね」
ママ「Kくん、ゆみちゃんが好きやねん」

Kくんは、飲むととことん飲んで、泥酔状態になることが多いのである。
いまのところ、Kくんに関する問題点はその一点である。
わたしは、自分も酒飲みだからわからないでもないのだが、あんまりよくない飲み方だから、是非とも直してもらいたいと思っている。
痛いうぬぼれかも知れないが、彼がそんなに酔うのは、前カノと親友と職を同時に失ったことに、端を発するもののような気がするので、もしわたしとの関係が良好にいって生活が穏やかになれば、案外なんとかなるかも知れないという淡い思いを抱いている。

該当の記事は見つかりませんでした。

8 Comments

Rio says...""
う~ん、それは難しい問題ですね。

質問ですが、Kくんの泥酔は、酒量のせいなのか、お酒に弱いからなのか、どちらですか?(どっちもですか?)

酒量のせいなら健康も心配だし、お酒に弱いなら、自分の限界を知ることは大事ですよね。

例えば食が細いお二人ですが、二人で飲むときは、ボリュームがある食事にしてみるのはどうでしょう?
食事でおなかが膨れて、酒量が減ったりするかもしれません。

でも、知人で泥酔する人がいるんですが、どんな状況でも、そんな風になるので、お酒を控えるのって、いうほど、簡単なことではないんでしょうね…
(いわれて控えるようにすると、お酒が楽しくなくなるかもしれませんしね…)
2008.12.15 16:48 | URL | #- [edit]
桜咲 says...""
ゆみさんこんにちはー。


そうですよー。
「なるようになる」それでいいんじゃないですか^^

それにしてもKくんさんの以前のトラウマみたいな引きずってるもの、かわいそうです。ちょっとシャレになってないです・・・。

なにか酒に変わる生きがいを見つけられるとよろしいのではと思います。
2008.12.15 23:46 | URL | #- [edit]
のん says...""
ゆみさん、うちの近くに、患者が断酒会をやってる病院があるんですよ。全国から患者が集まってくる・・・

Kくんの酒ぐせ、単なる「くせ」なのか、それとも、もうカラダがそういうカラダになってしまっているのか・・・それによって、今後の展開が変わってくる気がするんですが・・・

恐ろしいことですが、酒には「人格」のようなものがあって、飲む人にものすごい影響力を及ぼすことがありますよね。酒が人を巻き込んでくるというか・・・

Kくんはかわいい人なので、酒の神様に見込まれちゃったんでなければいいのですが・・・

でも、ゆみさんもKくんのことでムリしないでね。闘病中だしね。
2008.12.16 10:14 | URL | #- [edit]
あやむ says...""
私も酒呑みなのでヒトの事は言えないけれど、呑まれる位に酔ってしまうのはイケませんねー。ハタチそこそこの学生コンパじゃないんだから!ええトシになったら美味しく楽しくたしなむ酒、も覚えないと!ですよ。「男はガンッガン呑んでナンボ!最近はでぐでんぐでんになる位で、弱くなったなー」なんてうちのツレもそう言うクチですが、そんな呑み方は間違っておる!イイ呑み方をえーかげん覚えろやーと、諭しておるところ。ええ、自分の酒量はタナに上げてますけど(笑。だって、ぐでぐでにはならないもん♪

で、まあ泥酔するコトなんて1年に数回、忘新年会時期限定でいい事で、ソレが月に数回…週に数回?…え?ほぼまいに…て、なるとヤバいです。酒ずき、なんて言ってられないかも、ですよ?

うつも、気分で治るものでは無いように、『依存症』もレッキとした病気である事を理解して、ちゃんと専門医にかかって治療しないと。…て考えないといけなくなるかもデス。そうならない様に、ね。ゆみさんも昼アルコールしてたし、おふたりで断酒会…ムリかなぁ(笑。

私は、断酒ダイエット…ム…リ…かなー(笑。
2008.12.16 11:11 | URL | #HfMzn2gY [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>Rioさん
Kくんは酒には強いので、量がすごいということになります;;
そして、食べる方は、ほんとに食べないんですよ。初めて一緒に鍋をつついたとき、がつがつ食べているようで、じつは全部野菜じゃないかと、まるで自分を見ているような思いでした。
わたし自身が酒をやめられない人間なので、Kくんの酒癖がそう簡単に直るものじゃないことは、なんとなく想像できます。まぁ。。なにかのきっかけが必要でしょうね。大いに反省して、「もう絶対大酒は飲まない」というくらいの恥をかかないと駄目なんじゃないかなあと思ったりします。
2008.12.17 15:15 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>桜咲さん
こんにちはです♪
酒癖だけは、わたし自身の経験からいっても、無理に言っても絶対直らないと思います。なんとかなるさ。。と横目で見つつ、機会を狙ってじわじわ言ってみるのがいいかな。。。
まさに、Kくんの場合は、トラウマがあっての大酒飲みだと推察しますが、大酒のみのほとんどは、そういったきっかけがあった人たちなのでしょうかね。。。毎日ではなく、平日はビール2缶くらいしか飲まないそうなので、それが救いだなと思っています。
2008.12.17 15:21 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>のんさん
断酒会、ひ~恐ろしい!!笑
わたしも酒飲みなので、一生酒を飲むなと言われると、それはちょっと出来かねます!!と逃亡しそうです。断酒会に行くまでに、よい飲み方を習得したいですね。
Kくんも大バカじゃないので、自分の飲み方に問題があることは、うすうすわかっていると思います。無理強いしないことが大事かなと思っています。
2008.12.17 15:25 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>あやむさん
おっしゃるとおりでございますv-356 お酒は美味しく適量をいただくのが一番です。酔うために飲むのは最悪ですね。
Kくんの場合は、平日はビール2缶くらいで、休日に爆発したように飲むようです。毎日の仕事が辛いんだろうと思います。でも、ほんとによくない飲み方なので、なんとか直るといいなと思っています。。。このままだと、ほんとに断酒会行きになってしまう~。
もしかすると、アル中という意味では、昼間飲んでいるわたしの方がタチが悪いかも知れません。量は少ないんですが。。。いけませんね。。ううむ。
2008.12.17 15:31 | URL | #QZGUQlyA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する