FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
19

Kくんに幻滅した!!!

yakan_ikari2


今から書くようなことを公衆に晒すのは、自分自身の恥でもあるが、あんまり頭に来て、悲しくて、どこにぶつけていいのかわからないので、激しくキーボードを叩くことにする!!

昨日のKくんは最低だった。
わたしが風邪を引いて、しばらく彼の部屋に行っていなかったのだが、久しぶりに「治ったなら来る?」と言われたので、夕方遅くに出かけていった。
そこで待っていたものは、ほろ酔いKくんの、理不尽とも言えるケンカ腰の説教だった。
「毎日俺のところに来るのが義務やと思ってないか? 俺かて、一人で考え事したいねん!」
「(それはそうやけど、誘い文句を言ってくるのはあなたじゃないか!)…うん。ごめん」
「あんたも風邪引いてて、しんどいやろ! 俺、病気のあんたを見とないねん!!」
「………」
「あんたが朝早く起きれて、コーヒー沸かしてパンでも焼いてくれるんやったらええで? でも、あんた、それも出来へんやないか!」
「えっ…、でも、それは睡眠薬が残ってて…、許してくれてるのかと思ってた(実際言ったよな、寝てていいって)」
「わかってる、わかってる、薬のせいやってことは! でも、あんた俺が出て行くまで、ずっと寝てるやないか!」
「(????? どうすればいいんだ???)」
その後もKくんは、その言い方はやめてくれ! とか、俺のところに来るときはいつもお洒落して来い! とか、自分はどうやねんとこっちが言いたいような、さまざまな要求を突きつけてきた。
さらにひどかったのは、その怒号のあとである。
「俺、これから《W》(わたしが勤めるカラオケパブ)に行ってくるわ! Kちゃんに会わんと」
「え・え~?! (なにを突然言い出すんだ?!)」
「1時間ほどで帰ってくるから、あんた、ここで待ってたらええねん」
「ちょっと、それはないやろ。わたしを可哀相な女にせんとってよ。一人で待つって、なにそれ?」
「ほな、一緒に来るか? でも、一緒に行ったら昨日仕事休んだあんたをKがまた連れ回しとる! って言われるの俺やねんで。俺はそこまで考えとんねん!」
「(なんという自己中心的な論理…)」
「ほな、こうするわ。俺が先に店に行って、ゆみちゃん会いたいから電話するって言う。それから、店に来たらええねん」
「…そやな(一応、連れて行ってくれる気はあるのね)」
「じゃ!」

ということで、打ち合わせどおり《W》で再会したのだが、それからのKくんはもっとひどい仕打ちをわたしにした。
わたしが左隣に座っているのに、彼はわたしに背を向けたまま、なんと右隣のSっちゃんの身体を触りまくりながら、ずーっと二人でしゃべっているのである。
ついでに言うと、カウンターの向かいにいたTちゃんの胸も触ろうとしていた。
「Kくん、ゆみちゃんがせっかく呼ばれて来たのに、退屈してるわよ」と、Kちゃんが言ってくれる。
しかし、それに対してKくんがわたしに発した言葉は、
「飲め!!」だけだった。
なんなんだ、どうなってるんだ? いくら酔っているといえど、このときのわたしほどみじめな女は、世界中捜してもそんなにいないと思った。

わたしは情けなくてたまらず、Kちゃん(Kくんとは10数年の付き合いで、わたしとKくんが付き合っていることをうすうす知っている)に、「ちょっと話があるんですけど、あとで聞いてもらえませんか」と言った。
そして、Kくんがそろそろ帰るか! と立ち上がったときに、わたしはKちゃんと話があるからと言って、店に残った。

Kくんがいなくなったあとで、Kちゃんに思いっきりぶちまける。
「なんなんですか、あれ? 呼ばれたから来たのに、全然無視ですよ?! ひどいと思いません?」
「そやなぁ。せっかく来たのになぁ」
「もとから、ああいう人なんですか?」
「いや、女の子呼んだりとかはせぇへんよ。それはゆみちゃんだけやで」
「~~~(そうじゃなくて、女性の身体をだらしなく触ったりとか、そっちの方が聞きたいんだが)」
「付き合おうとか言ってるのに、あの態度ってなんですかね?!」
「……今度、言うとくわ」
そのうち、他のスタッフもやって来て、わたしが憤慨しているのを見て、いろいろ慰めてくれた。
「ウイスキー、ダブルをロックで! 勘定? もちろん、Kくんにつけといて!!」←わたしの怒りの雄たけび。
わたしは、そのまま酔っ払って自分の家に帰るつもりだった。しかし、途中でKくんから電話が入ったのである。

「まだ、来えへんの? いまどこにおるん?」
――Kくんは、わたしがKくんの部屋に帰ると信じて疑っていなかったのだ。
なんにも、わかっていない、この人は。

わたしは、怒り心頭で、Kくんの部屋へ上がった。
そして、電気を点けたまま寝ているKくんを叩き起こして、あのザマはなんだ!! ということを怒らずにとくとくと諭した。
すると、Kくんは素直にごめん、と謝った。が、このシーンのことを、彼は翌日覚えているものかどうか。

わたしは今回の件で、Kくんに思いっきり幻滅した。
1,000年の恋も冷めるわいっ!!というくらいである。
今日はわたしは仕事で、Kくんは仲間と《W》に来る予定だが、わたしがKくんに与えるのは、業務用の笑顔だけだろう。
もう、ほんとにしばらく会いたくない!!!!

該当の記事は見つかりませんでした。

19 Comments

らっきょ says..."なにぃ~!!"
なんだかひどくないですか!!
Kさんの態度!!
ちょっと気になっていたんですよねぇ!
自分のスタイルがあって
それ以外は認めないみたいな感じかなぁと…
私はゆみさんが居心地の良い場所、
無理しないで居れることが
一番良いと思います
もう、<(`^´)>
2008.12.20 16:22 | URL | #- [edit]
のんた says...""
密かに毎日ブログをみせてもらっています同世代♀の「のんた」です

さて、早くにKくんの実態がわかってよかったじゃないですか

ゆみさんがこれからまたツライ状態になったときにKくんはそれを受け入れてくれるのでしょうか?

「気持ちの持ちようや!」とか言いそうです

付き合いだしただけでこれだけ態度が変わる人は、結婚したらもっと自分勝手になると思いますよ

ゆみさんには、自分のことのようにゆみさんのことを思いやれる相手が必要だと思います

2008.12.20 18:17 | URL | #- [edit]
桜咲 says...""
ゆみさんこんにちはー。


いやー・・・ゆみさんに大人のロマンスが舞い降りて桜咲余計なおせっかいは言わないようにしてたんですけどね・・・。
うまくいけばいいなとも本当に考えてました・・・、微笑ましかったです。

でも今回はきついことを言ってしまいますが(ゴメンナサイ)「化けの皮が剥がれた」のではないでしょうか・・・。

Kくんさんがゆみさんのこと本当に愛してるのならそんなこと言うわけないです。
しかもWでの態度!
私がゆみさんでしたらさよならでしたね。ゆみさんよく耐えました。ご立派です。

と怒りのコメしてる桜咲ですが・・・冷静に考えるとやはりKくんさんゆみさんのご病気をまだひとかけらもわかってらっしゃらないのではと思います。

私ごときの話をさせていただきますと、パニを病んだ後かなり多くの女性の方とお付き合いさせていただいたのですがパニを理解して愛で包んでくださった方は一人しかおりませんでした。

難しいのですよね・・・心の病を抱えら・・・恋愛するのって・・・。


でもゆみさん冷静でらして罵倒しませんでしたよね、さすがでらっしゃいます。当分罰をお与えになるのは当然だと思います。
そのあとゆっくりKくんとの今後お考えくださいませ。

長文失礼しました。(私も心の病を持った者として大分頭にきてしまったことお許しください^^)
2008.12.20 18:24 | URL | #- [edit]
カヲ says...""
Kさんはご自分に自信があったのではないですかね。
ご自分というか自分の愛情というか。
薬や医者では治せないけど、自分が愛情をもって、かつ(半強制的に)健康な生活をさせれば病気は治る!と。
病気に理解を示したつもり、気持ちでは理解しているつもりになってたのかもしれませんが
やっぱり病気=気の持ちようっていう思いがあるのではないかと思います。
それがお酒の力を借りて出てきちゃったんでしょうか。
でも、お酒の力を借りて出てきたってことは、やっぱり普段からそういう風に思っていたんじゃないかなって思います。
お店での態度も、男として褒められたもんじゃないと思いますよ。
ヤキモチを焼かせたいのかもしれませんが、そういうやり方は大人の男じゃないです!イカン!

Kさん、謝ったようですが、謝ってもKさんのスタンスは変わらないんじゃないのかなぁ。
40年の歳月で出来上がった考え方や性格は、一長一短には変わらないと思うのです。
ゆみさんのお気持ちが落ち着いたら、ゆっくり考えてみたほうが良いと思います。
余計なおせっかいなことをたくさん書いてしまいすみません。
ほんと、恋愛って難しいですね。。。

2008.12.20 19:18 | URL | #- [edit]
Rio says...""
Kくんひどい…。
きっと、つきあったことで「オレの女」的な感覚になってしまったんでしょうね。

私も、そんな風に扱われたら切れてしまいます…。
2008.12.20 20:27 | URL | #- [edit]
あら says...""
rioさんと 同じ気持ちです。「飲め」なんて・・・命令しないでよ。なんと無礼な!私らの大切なゆみさんに無礼千万です。
「しんどい時は親を利用せな」とか言い出した時から、この人ジコチュウな人だと思っていたらホントその通りの人ですね。起こるの当たり前です。
2008.12.20 23:28 | URL | #- [edit]
coji says..."こんにちは!"
 ゆみさん・・・
ゆみさん・・・あぁ、やっぱり!!
字面だけのお付き合いで、分かった様な事を言うのはやはり失礼
だと思い、特に男・女の話なのでこの件には触れず居りました。
当然ながら、上っ面の”応援”など、私には出来るはずも無かった
のです。

 ”Kさん”は、豹変したのでもなく又、本性を現したのでも
ありません。最初に貴女にコナ掛けた時の、”口説き文句そのままの人”
、です。そしてついでに言わせて戴けば、酒の入った席での事が、
Kさんの世界観の全てだ、と言う事です。ちょっと前に書かれていた、
”以前、好きだったのも同業の女性だった”を見るにつけ、確信した
次第です。自分が歯牙にも掛けて貰えなかった環境に、ウブな貴女が
入って来た。いつもの調子で非常識に口説いた結果、貴女が靡いて来た。
で、いつもの調子で動き出した、と。それだけの事です。Kさんの生き方は、
家庭内での生活を含めた全てですが、それは昼間の世界から見ると弱いもの
だし、本人も敢えて無理をする気は無いのでしょう。故に、四十を過ぎても
低収入である事を容認し、独りのままなのです。

 Kさんを、”悪い人だ”と言っているのではありませんよ?。Kさんは、
そういうタイプの人なのです。
 女性の気持ちなんて、字面だけでは分からないものだなぁ、と思っていた
ところに、意外にもそのKさんに対し、貴女が失望したとあるのを見て、
改めて確信致しました。キャプテンさんの時とおんなじです。貴女は、
不条理が嫌いな方なんです。ご自分では謙遜されていますが、これだけの
文章を理路整然と書く。日記という名で、人々を惹きつけるエッセイを
書ける人です。それに対し、余りにもお相手の方々が釣り合わない。
それが当初、私が感じた”違和感”です。”ホントかよ!?”、と思いました。
で、余計な事も書かせて頂きました。でも結局、前の方の時は、相手に縋って
ズルズルと行き着くのではなく、ある所でバッサリと切り捨てた。
間違いありません。貴女は、相手に合わせてズルズルと深みに嵌って行けない人、
です。
 分かった風な事を言っている私にも、経験があります。
まだ、独身だった頃ですが、何年もの間、内縁の暴力亭主に苦しめられて
いる子持ちの幼なじみの相談に、乗っていた事がありました。何年もの間、
です。で、すったもんだの挙げ句、一緒に暮らし初めたんですが、暮らし始めた
途端、相手の金に対するル-ズさにほとほと嫌気がさし、別れて実家に帰し
ました。散々に聞かされていた相手の非道な部分も、その何割かは、当人にも
原因あったからだ、と今では思います。
 ただこの件は、私にも甘い所があって、そう簡単には他人の子供の親などには
なれなかったのです。幻想でした。自分は、それが出来る度量の人間では
なかったのです。これは、しっかりと自覚しましたよ。出来ないものは、
出来ないのです。それを、自分は変わった様な気になってその後の人生を
押し通すの為には、それこそ強靱な精神力が必要です。

 最初にお詫びしておきます。違っていたらゴメンなさい。
貴女、男性にご自分からアプロ-チした事はないのではありませんか?
若しくは、苦手ではないのですか。好かれて口説かれると、”その気”に
なってしまうのではないですか。そして、もしかして自分には男縁が無い、
なんて思った事はありませんか。貴女に決定的に足りないのは、男を見る
”目”です。
 思考のパタ-ンは、文章に出ます。しっかりとした文章を書ける人は、
実際の人生は別としても、少なくともしっかりとした思考を持っている人
です。そういうタイプの人に取って、”見せ掛け”や”まやかし”は、
嫌悪の対象でしかないのです。貴女に相応しい伴侶像は、”色々と個性は
ありながらも少なくとも、世間から後ろ指を指される事なく生き、財力、
若しくは著しい男気が
ある男性”、でしょう。そうでなければ、貴女を愛し支え、幸せな後半生を
送るのは無理です。

 Kさんのことが、貴女がスキで好きで惚れ抜いた相手なのだったら、
こんな事は申しません。ですが、本来だったら、ノ-・マ-クな相手だったはず。
それが、強引に口説かれて真に受け、靡いてしまった。いわば、魔が差しただけです。
 最悪な場合を予想します。
酒の度合いを諌められたKさんは、自重するもそのストレスの捌け口は、貴女に
集中するでしょう。その中には、既にマンションを持っている貴女への嫉妬も
含まれています。無駄だからとかで、マンションを売却させられるか、Kさんが
貴女の所へ転がり込んで来た後にそれが顕在化した場合は、これはキャプテンさんの
場合より厄介な事になるでしょう。多分、貴女はKさんを理由として、仕事を失う
事になります。もしかしたら、女性問題を起こすかも知れませんね。それを正当化する
プロセスが、彼の中には出来てしまっています。そして、その後に訪れる状態は、
以前よりも悪くなっている気がします。

 前回の失敗にも拘わらず、インタ-バルが短過ぎます。
貴女がその仕事を選んだのは、病前のリズムを取り戻す為ではないですか。
今の貴女に必要なのは、恋のお相手ではありません。まず、陽光の下を闊歩出来る
体力と、大人になってから作る友達です。お相手探しは、もう何年かまってからでも
出来ますよ。ましてや、子供に拘らない訳ですから、焦る必要もないでしょう。貴女は、
人並み以上に、男性を惹きつける魅力を持った方だとお察しします。故に、幾らでも
品定めした結果、極上の男性をゲット出来る可能性を秘めているのです。貴女自身が、
それを台無しにしなければ、ね。
 Kさんは、ひとつだけ貴女の目標を叶えてくれるかも知れません。
前に書かれていた、”オバさんを通り越してオバアさんになる”、です。
でもそれは、天から琥珀色の魔法が降りかかった結果ではなく、Kさんとの生活苦から
来る結果だと、私には思えてなりません。

 こんな事を長々と書く私は、嫌なヤツです。今度こそ、嫌われてしまうかも
知れませんね。
 貴女を見守る周囲の方達は、既に大人の貴女に対し余計な事は言わないでしょう。
本人の問題だ、と考えているからです。ですが、敢えて意見を問うたとしたら、
返って来る答えの大筋はこんな感じでしょう。その中で一番、トンガッた意見だと思って
下さい。その、本人が迷っている今だからこそ、敢えて言わせて頂きました。
勿論、字面だけの判断ですから、何を的はずれな、とお思いになるかも知れません。
ですが、字面を全てだと仮定すれば、私のプロファイリングはドンピシャだと思うの
ですよ。ゴメンナサイ。<(_ _)>
2008.12.21 09:23 | URL | #- [edit]
百舌 says...""
うっすらと心配していた展開になってきたよ~と思ってます。

彼は根本的にゆみさんの「病気」のことを「知って」はいるけど「理解」はしてないです。

わたしもずっとゆみさんと同じ病気だから、感覚的にわかるんです。

私も付き合ってる人に病気のことをトクトクと語っても、最後は「いつなおるの?」とかわけわからんこという始末なので、「ああ理解してないんだな」と思った過去があります。

ゆみさん、この方とお付き合い続けていたら、今回のことは、一回や二回じゃすまないと思います。

大人のアバンチュールな感覚で・・・「楽しませてもらったわ。じゃあね」と微笑んで方向転換するのも一つのテではないでしょうか。


でも彼の性格からすると、それでも強引に自分の「所有物」にしようとしそうで・・・いやはやなんとも。

2008.12.21 11:39 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>らっきょさん
ひどいでしょ。こんなのありかってくらいです。
Kくんが、女を生身の人間だということを知らないのだと悟った次第です。こんな人と長く付き合えるマトモな女性なんかいませんよ。。
2008.12.21 12:14 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>のんたさん
おっしゃる通りです。彼は、わたしの病気のことをこれっぽちも理解していません。わたしが落ちたときに、彼は気がせいだと言って、必ずそっぽを向くでしょう。彼にふさわしいのは、健康で若くておバカでケラケラ笑っているような、綺麗なだけのカラッポ女です。
しかし店にいて驚くのは、ほとんどの人が「鬱病なんか気の持ちようや」と言うことです。場末の安いパブに来る人はそれなりやなあと思ったりします。
2008.12.21 12:25 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>桜咲さん
こんにちはです♪
わたしもうまくいけばいいなと思っていました。でも、彼の汚い内面を見たら、もうこれは到底ついていけません。
わたしが速攻罵倒できないのは、たんに決断力が不足しているからです;; どうしても、行動より先に考えてしまいます。だから、今回も少し冷静になって考えてみました。でも、やっぱり修復しようのない傷をわたしは負ったし、これ以上付き合うことになんの価値もないと結論を出しました。
人にみえない病気を持ちながらの恋愛は、ほんとうに大変ですよね。相手に病気を理解してもらうという作業が入ってきますから。。でも、あきらめずに、今後もいい男探ししたいと思います! ただしすぐに飛びつかないように。。。←わたしにはこれが難しい。
2008.12.21 12:34 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>カヲさん
Kくんの根拠のない自信はすごいものですよ! ただそうでもしなければ、やっていけない毎日なのかなとも思っていたのですが。
病気を理解していないのは、もう一目瞭然です。たぶん、どんなに説明してもわかろうとしないでしょう。そういうタイプの人間にいままで何度も会ってきました。もう、そういう人には説明するのを諦めています。
おそらく今回のようなことは、付き合っている限り繰り返されるであろう予感は、わたしも多分にします。もう、こんなことはこりごりです。一晩考えて、別れることにしました。はやくスッキリしたいです。
2008.12.21 12:39 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>Rioさん
ひどいですよね。わざとやったんだか知らずにやったんだか知りませんが、おそらく酔っ払って自分の本能のままに行動したんだろうと思います。
酒癖は悪いし、言葉の暴力はあるし、もうこれ、最低の男といってもいいと思います。へんなものにとっつかまっちゃった。でも、これからばさっと切り捨てます。
2008.12.21 12:43 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>管理人のみ閲覧できます①さん
まったくもって、おっしゃる通りです。なんの反論も出来ません。アドバイスをありがとうございます。次エントリーに書きますが、これから別れる予定です。
2008.12.21 12:47 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>あらさん
一緒に怒ってくださってありがとうございます。いろいろな方に、わたしと同じ思いを共有していただけると、わたしの傷ついた心も相当癒されるというものです。
でも、もう別れることに決めたので、一切の他人行儀に徹します。心のなかでは、もう赤の他人です。
2008.12.21 12:50 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>管理人のみ閲覧できます②さん
同じ思いを共有していただいて、ありがとうございます。そして、ご心配おかけしてすみません。
わたしは思い立ったらすぐに行動したくなるので、「別れる」と決めたらすぐに別れます。今回はそういうことになりそうです。もう、Kくんになにを期待しても無駄です。
2008.12.21 12:54 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>管理人のみ閲覧できます③さん
そうですよね、Kくん、駄目駄目な行動ですよね。男として最低です。
彼のことは、わたしはいま、DV男だと思っています。優しいときは優しいし、きっちりしたまともなことを言う仕事人ですが、家のなかでは言葉の暴力の嵐。きっと自分のものになったと思ったら、そういう行動に出る人なのでしょうね。わたしは、DV男からいつまで経っても離れられない可哀相な女になりたくないので、当然蹴っ飛ばして彼のもとを去ります。
2008.12.21 13:01 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>cojiさん
こんにちはです♪
さて、長文のアドバイスを本当にありがとうございます。すべて、うんうん、そうだ!! とうなずきながら読ませていただきました。彼が夜の世界に生きていて、そこで舞う蝶たちを追っかけているだけだというところが共感できました。
本物の女は自分の意見だって言うし、自分の意に沿わない行動をとることもあるということを、どうやら彼は知らない様子です。どおりで、10数年間カノジョなしなわけです。あんなのとマトモに付き合える女なんか、いませんよ。。。
わたしに男を見る目がないことは、自分でもそう思うし、ゆき妹からもはっきり指摘されたことがあります。わたしの欠点です。じっくり品定めをするということが苦手なのですね。買うまえに味見をしてみようと思うところが、よくないなあと思います。
でもKくんのことは、近日、ばっさり切り捨てますので、乞うご期待。←他人事みたいですみません;;
2008.12.21 13:22 | URL | #9SnlIaIw [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>百舌さん
そうですね、Kくんが初めからわたしの病気を理解していないことは、わたしも察知していました。でも、こういう人にはいくら説明してもわかってもらえないですよね。。長年の経験で、もうこのタイプの人にはなんの説明もしないことにしています。どうせ、言い返されて嫌な思いをするだけですから。
今回のようなことが繰り返されることは、もういまの時点では容易に想像できます。もう、終わりです。付き合いきれません。すっと消えるように別れます^^。
2008.12.21 13:28 | URL | #QZGUQlyA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lifelovepain.blog22.fc2.com/tb.php/994-11db27bd