FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
9

闇に紛れて侵入劇

soldier

こんなことを書いたら、また読んでくださっている人々から、「あーあ…、痛いヤツ…」と思われるのをじゅうぶん承知していながら、やっぱり書いてしまうのは、わたしに作家魂みたいなものが少しでもあるからだろうか。

本日、わたしは、問題のKくんの部屋へ侵入して、私物をこっそり回収して来るという予定だったが、その予定は少し早まった。
実際には、昨日の夕方遅くに、それは決行されたのである。

昨日夕方4時半ごろ、Kくんからメールで、「いままで○○に行っていた、これから△△へ行く」という連絡を受けたわたしは、布団のなかでフト、「じゃあ、明日まで待たなくても、いまやってしまえばいいじゃないか」とひらめいた。

思い立ったら、いても立ってもいられない。
わたしは仕事のときの戦闘服に着替え、その上から濃い紫のコートを羽織り、まるでスパイ映画のワンシーンのように夜の闇に紛れて、Kくんの家に辿り着いた。
窓を見る、明かりはついていない、OK、いない!
でもいつ帰ってくるかわからない、作業は1分で済ませよう!!

ドアの鍵がカチャリと音を立てると、わたしの緊張は最大限に昂ぶった。
すぐにドアを開け、急いで明かりをカチカチとつけ、バスに置いてあった化粧品をバッグに放り込み、貸してあったアイロンを猛烈な勢いでさらっていく。
その間、約10秒。
電気を消し、ドアを素早く開閉し、カチャカチャと鍵をかける。
瞬間、わたしは、プロの空き巣なんて、たぶんこのくらいのスピードでやるんだわ、と訳もなく思った。
そして、アパートの入り口で人気を確認しながら、足早に出て行き、すぐに道の角を曲がる。
しばらくの間は早歩きだ。
次の角を曲がったあたりで、ようやくわたしは歩をゆるめた。

「終わった…!」
わたしは、自宅に戻ってから、ようやく安堵した。
これで、わたしの「人質」はもういない。
そして、Kくんちの鍵という「人質」はここにいる。
これがある限り、Kくんは、一度はわたしと会って話をしなければならない状況となる。
(まー、Kくんちの部屋のドアには新聞受けもなにもないので、鍵を持って帰らざるを得ない事情もあるのだが。)

Kくんは、なんで黙って入ったんだとかいろいろ言うかも知れないが、店でにっこり笑いながら、ゴメンネ、でもどうしてもあの部屋で二人きりになりたくなかったの。と営業トークしようと思う。

ところで、Kくんは今朝も「仕事に行ってきます」とメールしてきた。
彼はまだ、なにも気づいていない。
ちょっと気の毒だ…、早く気がつけばいいのに。
なんで、あんな目立つところにゴロンと置いてあったアイロンが消えているのに気づかないのだ?
男の人って、鈍感だなあ(全員じゃないよ)と、わたしはいま、内心やきもきしている。

該当の記事は見つかりませんでした。

9 Comments

ケーン says..."すごいですね"
思い立ったら、いても立ってもいられない。
醤油ことってありますよね。
でもすごい行動力ですね。驚きました。
敢えてもう一度、慎重にね!
2008.12.22 18:01 | URL | #- [edit]
あやむ says...""
週末お伺いしてないうちになんだかすごい展開に^^。
読みながらなんだかこっちまで緊張してアドレナリンが出てしまったですよ!
でも私も実は懸念しておりましたので、良いご判断だと思いますよ。どなたかも仰ってましたが、今は『外で働くためのリハビリ期間』なのですから、恋愛はしばらく待った方がいいかも知れませんねー。
身体や心が弱ってると、優しい手に縋ってしまいたくなるものですが、もちつもたれつ、こちらも相手を支えないといけないもの。ゆみさんがちゃんと一人で立てるようになってから、じゃないとやはりうまく行かないんじゃないかなーって思います。に、一票^^。
ま、ゆっくり行きましょうよ~♪
2008.12.22 20:02 | URL | #HfMzn2gY [edit]
ぽりぽり、であります! says...""
ここ数日のブログを、やっと読んだであります。

Kくんはつまり
♪俺より早く寝てはいけない
 俺より遅く起きてもいけない♪
な男だったんでありますな。
いまどきの女子の皆様にとって、面倒くさいタイプかもしれんであります。

アイロンがなくなっても気づかないくらいなら、お店で隊長殿と会える限り、別れたことにも気付かんかもしれんでありますなあ。
いずれにしても、人前では見栄を張るタイプと思われますので、会うときは必ず誰かがいるところで。
もしKくんが弱弱しげな一面を見せても、それは一時のことでありますから、絶対に流されんようにしてくだされ。  
2008.12.22 21:35 | URL | #- [edit]
桜咲 says..."善は急げ^^"
ゆみさんこにちはー。


全然痛くないですよ^^

むしろ爽快でした。

善は急げです。

私も馬鹿な男の一人ですが、Kくんさん相当鈍いですねー(笑)

さあ残る作業はひとつだけですね。

慎重にやりましょうね。泥沼になられたら大変ですので。


はっきり申し上げて、そんな男の風上にも置けない男(失礼)のことは頭から切り離してご自分のお体のことお考えくださいませ。

^^ちゃんとご飯食べましょうね。

失礼しましたzzz

2008.12.23 00:37 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>管理人のみ閲覧できますさん
こんにちはです♪
そうですね、あまり酔っていないうちに渡すのが賢明ですね。泥酔してからでは遅いです。ただ、向こうも「返せよ」と思っているような気がするので、そういうアクションをしてくるんじゃないでしょうか。。(楽観的推測?)
応援ありがとうございます。こころの支えにさせて頂いています。今後ともよろしくお願いしますm(__)m
2008.12.23 14:16 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>ケーンさん
わたしもこんなことをするのは初めてですよ;; でも、わたしの「人質」たちがあの部屋に残されているという事実が、どうしても許せなくて。。思い切った次第です。
今後も、慎重にコトを進めていきたいと思います。ありがとうございます。
2008.12.23 14:18 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>あやむさん
笑・しばらく来ていらっしゃらなかった方は、急展開にびっくりされたことでしょう;; 驚かせてすみません。
自分自身、身体の調子がよくなってくると、療養中であることをつい忘れてしまいます。あるいは、「このくらいは大丈夫だ」と勘違いしてしまいます。恋愛は、いろいろ精神的に負担のかかるものなので、病気のためには、ほんとにやめておいた方がいいと思います。ただ…、人生の華である恋愛を楽しめる時期もあとわずか。焦りもあるんでしょうかね。
今回の件が終わったら、またゆっくりします。久しぶりにゲームに熱中でもするかな。。。
2008.12.23 14:22 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>ぽりぽり大尉殿
たくさんの文章を読んでいただき、ありがとう存じまする。まーふつーの女子はついていかんでしょうな、この男には。
別れたことにも気づかない、は大いにあり得ることです。でもそれは、自然にフェードアウトということで、逆にKくんの神経を逆なでせずにいいかも知れません。
彼が、弱々しく迫ってくる様子もシュミレーション済みです。笑 絶対流されませんよ。そういうのは、DV男の常套手段ですからね。
2008.12.23 14:27 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>桜咲さん
こんにちはです♪
そうですか。痛くなくてよかったです。でも、この恋愛全体の痛さはどうしようもないのですが;;;
付き合っていた期間が短いので、泥沼化も可能性が低いと思います。幸いにして、彼の周りにはなぐさめてくれる夜の蝶たちがいっぱい。笑 ほかの女に迫ることで、また憂さ晴らしするんじゃないかなと思ったりもしています。
ゴハン、頑張って食べているつもりですが、なんとなくいつもの7割くらいな感じですね。。最高にお腹が減っているのに、吉野家の牛丼(並)が全部食べられませんでした。でも美味しかったです^^。
2008.12.23 14:34 | URL | #QZGUQlyA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lifelovepain.blog22.fc2.com/tb.php/996-adb126b2