FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN(旧)

タイトルは Club Nouveau の80`sのアルバム名。人生っていろいろあるよね。(新URL:○ttp://lifelovepain02.blog.fc2.com/)
12

Kくんにさよなら

xmas_tree2

クリスマスイブをきっかけに、付き合い始めたとか別れたとかいう話をよく聞くが、それはクリスマスイブが、恋人なり恋人候補なりになんらかのアクション・リアクションを求めてしまうからじゃないだろうか。

昨日のクリスマスイブの夜、仕事帰りのKくんは、怒りのメールをしてきた。
「昼間からメールの返事ないけど、クリスマスやめときますか?」
わたしは、こういうメールが来てもおかしくなかったのに、なぜかぼーっとしていて、こころの準備が出来ていなかった。
「予定してなかったから、いまからお洒落できないよ、ごめんね」

すると彼はいったん、「わかった!」と返事してきたものの、その後またメールをよこしてきた。
「せっかくクリスマスしようと思ってたのに、なにを怒ってるの? 言ってくれないとわからないでしょ!」
――もっともである。ここでだんまりじゃ、彼のストレス&怒りがまた溜まる…。
わたしは、さらにメールした。
「ごもっともです。ただし、部屋で二人では話したくないです。どこか場所を指定してもらえませんか?」
その直後、電話がかかってくる。
「場所って、どこ?」
「うーん。(どこでもいいけど、マックとか言うと怒るだろうな…)」
「だから、なんやねん? なにをそんなに怒ってるねん?!」
「話せば長くなるかも知れないけど、いいのかな」
「ええよ!」
「まずな…」
わたしは、別れ話を切り出すことにした。
そうだ、予定なんて、ほんとうにいつも、思ったとおりにはいかないのだ。

「わたしが一番怒ってるのは、このまえ《W》でわたしを無視して、隣のSっちゃんとかTちゃんをベタベタ触りまくって、ずーっとしゃべってたやろ? あれやねん」
「なんや、そんなことか!」
それなら、説明できる! とばかりにKくんは安堵の笑い声を出す。
バカな人だ…、『そんなこと』が恋人にとって致命的な傷を受けることもわからないなんて。

「そんなことって言うけどな。あなたは、わたしに、『いつも綺麗にしていて、誰にでも自慢して歩けるようなカノジョになって欲しい』って言うてたやろ? それはわたしにとっても同じことやねん。誰にでも胸を張って、『この人がわたしのカレシです』って自慢したいねん。でもな。あの姿、誰に自慢出来る? カッコ悪すぎやないの」
「それはそうやな。ごめん」
「(それだけかい。)あれで、わたしのカレシにしとくのはちょっとな…って思たわ」
「…」
「それとな。飲んだときの、言葉の暴力がひどすぎる。なにを言うてもあとで罵るやろ? それでわたし、もう自分の意見なんか怖くて、なんも言われへんようになってしもてん」
「DV――」
「そやで、DVやで、あれ。自覚してないみたいやけど、あなたにはそういう癖があるねん。――それでな。わたしはそういうのは、直れへんと思うねん」
「そうか、ごめん」
「うん」
「それで、どうするねん? これから」
「……わたし、不思議に思っててんけど、家からモノがなくなってるのに気がつけへんかった?」
「ああ、なんか歯ブラシなかったな」
「(知ってたんかい!)もう、鍵も返そうと思っててん。昨日はチャンスがなかったけど」
「そうか」
「うん」
「ほな、どうするねん? …もう、終わりにするか」
「うん」
「わかった」

そして、電話は切れた。
あっけない幕切れだった。
わたしは、しばらくあたまがぼーっとしていた。
なにを考えていいかも、なにを感じていいかもわからなかった。

しかし、その1時間後、またKくんからメールがやって来た。
慰留である。
「ずっと考えていたんだけど、まだまだこれから、いっぱい一緒にしたり一緒に行きたいところがある、いままで俺は去るものは追わずやった、けどあなたに関してはまだ知らないことが多すぎる、まだこれからや、これから話し合ったり喧嘩したりして、一緒にやっていかないか?――」

ここで、被DV女性なら、ほだされてしまうのだろう。でも、わたしは違う。
わたしは淡々と、
「あなたの酒癖は直らないと思うから、復活は考えられない」
と送った。

「そうか、確かに飲みすぎたもんね! でももっと柔らかく考えられないかなあ?」
――二度目に来た慰留のメールは、少し甘えていて、文章が乱れていた。

わたしの文章が固いのは、それなりに怒っているからだ。
絵文字もなんにも使っていない。
そこで、わたしは、最後の一撃をくらわした。

「もう既に飲んでいるのですね。お断りします」

Kくんは、わかりました! と言って消えていった。
あのあと、どこかの店にでも飲みに行ったかも知れない。

わたしは、寂しさに包まれた。
ブログには書いていないけれど、彼との思い出は、決して悪いものばかりじゃなかったのだ。
わたしは、彼のことが好きだった。
言うことは無茶苦茶でも、いつもきちんと正座している彼の姿。
でも、わたしは到底彼についていけなかったのだ。

該当の記事は見つかりませんでした。

12 Comments

あら says...""
ゆみさん これで良かった~。kくんはあなたの病気のことはわかってくれる人ではないと直感しておりました。
元気で、お洒落している由実さんを自慢したいだけでしょうね。

でも、それでもやさしいのね~。別れた人って、「いい思い出は一つもなかった」なんて言うう人多いでしょ?あれってうそくさいですよね。

またの良い出会いを祈っております。
2008.12.25 18:15 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>あらさん
いろいろご心配おかけしました。でも、ようやく終結です。周りにあまり知られなかったのが、不幸中の幸いかも知れません。
付き合っているときは、楽しいものですよね? いい思い出がないわけないと思いますよ、わたしも。。。でも、それをいつまでも追っていたらいけないと思います。
しばらく、いろいろ思い出して辛いかも知れませんが、お正月気分に紛れて、寂しさをはねのけたいと思います。ありがとうございます。
2008.12.25 18:21 | URL | #QZGUQlyA [edit]
あやむ says...""
おつかれさま!
ほんとに、読んでいて一緒に頭の中が白くなるような感じを味わいました。終わった…て、さみしい言葉だけど、ここでズルズルしてるのは違いますもんね。恋愛が楽しめる時期は残り少ないなどどおっしゃらないで。定年はありません!ぜったいそのうち出会えますから。でも次から次へと求婚者が現れるゆみさん物凄い魅力の持ち主と見た!うらやまし~。
読み終わった時、一緒に打ち上げ(おめでとうと、しんみりと)語り合いながら酒を呑みたい気分になっちゃいました(^^
さあ!ごじぶんをねぎらって乾杯なさいませ。あ、でも飲み過ぎはダメですよ~。
2008.12.25 18:48 | URL | #HfMzn2gY [edit]
coji says..."あい。"
そっかぁ・・・。

書き物だけ拝見していると全てが”急転直下”の様な印象ではありますが確かに、そこには見えないシチュエ-ションだってありますよね。
ただ、外野から要所要所を拝見するが故、この結果が正しかったと感じています。
次回は是非、気力・体力が充実した上で、出来たら、お仕事とは無縁の場所での恋愛ゲットにチャレンジしてみて下さい。仕事・営業・酒・色メガネ、これらが絡むとど~しても、厄介な匂いが付いて回ります。まぁ、そういう世界での恋愛事も理解出来るのですが、それなりの覚悟が必要になりますねぇ。失礼ながら、年齢が経って(ほぼ同年代とお見受けして言ってます)からの恋愛は、好きだけじゃ続きませんから。指導・調教するのも疲れるし、お互いの経験を重ね合わせて3にも4にもなる。相手に対する思いやりがエッセンスになり、そこらの若造が真似しようったって出来ない様な、メロウなカップルになるんですよ。大丈夫!貴女は間違いなく、売り手市場ですから!!
失礼の数々、許して下さいね。
2008.12.25 22:14 | URL | #- [edit]
カヲ says...""
お疲れ様でした!
しっかりお気持ちを伝えられて良かったですね。
実は、私は自然消滅は反対派なので、今日のゆみさんの日記が読めて良かったです。
きちんと、線を引いてあげるのも相手に対する誠意っていうか優しさなのかなって思うのです。
終わりが引けたなら、お互い前に向かう一歩が踏み出しやすくなるかなって。
終わりがあいまいだと、彼は「もしかしたら・・・」に、いつまでも気持ちが残っちゃうのではないかなって。

今はつらいでしょうが、でももうすぐ年も明けます♪
「去年はこんなこともあったなぁ」なんて笑える日がきますよね。

私の大好きな唄にこんな一節があります。
私はこの唄に何度も何度も救われてきました。

「さよならは何気ない平凡な場面
 たとえちぎれる程苦しくても・・・」
今日は私もゆみさんと一緒に一杯飲もうかな~。養命酒ですが(笑
2008.12.25 22:21 | URL | #- [edit]
桜咲 says...""
ゆみさんメリクリです。


そうですかー、ついに別れられたのですね・・・。

お付き合い期間短かったですが人には情というものがありますから・・・。感傷に浸るお気持ちすごくわかりますよ。

でもやはり冷静に考えてみると別れて大正解だったと思います。
彼のようなスパルタ的な方はゆみさんのようなご病気の方には絶対合ってません。

もっとこう・・・優しく包んでくれる柔らかい方がいいと勝手ながら思います。

悲惨(失礼)なクリスマスになってしまいましたが時が過ぎていい思い出になればいいなと思っております。

失礼しましたzzz
2008.12.25 23:23 | URL | #- [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>あやむさん
ありがとうございます。でも、一日おいて、なんだか急に虚脱感が襲ってきました。予想していたとおりです。。。疲れが噴出した感じです。こういうときは、案外お酒も入らないものですね。
次の出会いはあるでしょうが、またわたしは、同じことを繰り返すような気もします。こういうのも癖ですよね。くだらない男ばっかりに惚れてしまうというのも。わたしはつまらない女ですよ^^;。
2008.12.26 17:22 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>管理人のみ閲覧できます①さん
そうだったんですか。大変ですね。酒癖はわたしも悪いですが、だからといって、同じように酒癖の悪い人を選ぶこともなかったといまになって思います。自分がそうだからと許してしまったんですね。。
別れは、想像以上にわたしを疲れさせました。ほんとうに、しばらく死んだように眠りたいです。
2008.12.26 17:28 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>cojiさん
人の心は、ほんとうに思ったとおりにいかないものですね。それが自分のものであっても。
たぶん、しばらくの間は、わたしは悲観にくれたり、あいつ何言ってやがったんだバカヤロー!と怒ったり、心の変動が激しくなると思います。これは、病気にとってよくないことです。情けない話ですが、精神安定剤を飲んでいます。まったくもって、鬱病患者に恋愛はご法度かと思います。。。病院によっては、禁止しているところもあります。かと言って、冒頭に述べたように、人の心は思うどおりにいかないもの。好きになることを止めることなんか出来ないと思いますけれどもね;;
2008.12.26 17:34 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>カヲさん
ありがとうございます。
わたしは一仕事を終えて、いまほっとすると同時に、切ない悲しみに襲われています。どんなに短期間の付き合いであっても、別れは辛いです。
確かに、こんな別れ話、あきれるほど巷にあふれかえっているものですよね。どうってことないはずなのですが。。こころが痛いです。早く治ればいいのにと思っています。
2008.12.26 17:40 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>桜咲さん
遅くなりましたが、メリークリスマスです♪
そうですね、自分で客観的にみても、Kくんとわたしは長続きしないだろうと感じていました。それにしても、あっけなさすぎる。。。
ちょっといま、感傷的になっていますが、日にち薬だと思います。なかなか思ったとおりに、「次いこう、次!」という元気が出ないのですが、しばらくゆっくりして、冷静な自分を取り戻したいと思います。
2008.12.26 17:44 | URL | #QZGUQlyA [edit]
由巳ゆみ@管理人 says...""
>管理人のみ閲覧できます②さん
そうですね、お別れを告げるときより、いまの方がちょっと辛いです。
傷ついたりしていませんよ。どうかご心配なく! でもさすがに疲れました。しばらくぐったりしていると思います。
いつもお心遣いありがとうございます。
2008.12.26 17:48 | URL | #QZGUQlyA [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://lifelovepain.blog22.fc2.com/tb.php/999-02401aac